高収入在宅副業のマダムチャットレディ

チャットレディのおもてなしメールテクニック

「またあの子からメールがきてしまった・・・(*_*)!」あなたの送ったメールは、お客様をこんな風に思わせていませんか?メールは、チャット以外にあなたと、お客様をつなぐコミュニケーションツールです。しかし、使い方や、その内容によっては逆効果になりがちなんです。日常的に使うメールでも、文字だけのやりとりという点で、冷たく、そっけなくなりがちです。「あれ?なんか怒ってるのかな?」「文章が短いから適当に返答されている感じ・・・((+_+))」などなど、メールならではの性質もきちんと理解する必要がありそうです!

 

すぐわかる営業メール

 

お客様(常連さん)全員に個別にメールするの面倒くさいから、一斉に同じ内容送っちゃおう!こう思うこともしばしばです。特に、悪いことではありません。物理的に仕方のないことかもしれませんね。しかし、メールが届いたお客様視点だと、「あっ!これお客さんみんなに一斉に送ってるな!」とすぐわかってしまうのです。なぜなら、一斉にメールを送る場合、いつも使う用のテンプレートをちょっと変えて送ることが多いからです。

一斉送信バレバレで、「暇だからチャットに来てー!」と、誘われてもイマイチしっくりしません。「どうせ他の人がチャットしに行くだろう・・・」「僕じゃなくてもいいんでしょ・・・」など、メールを受け取ったお客様はこう思ってしまうのです。しまいには、「もうメールしてくるなよ!解除しちゃおう」などを思う方もたくさんいます。

 

きちんとフォローしてあげること。

 

短い内容や社交辞令が含まれるものは、一斉メールだと思われがちです。同じ内容を一斉に送ることは、ダメではありません。しかし、その内容と、別フォローがすごく大切だと心にとどめておいてください。もし、チャットに来てくれたら、チャットできちんと感謝を伝えましょう。来てくれなかったお客様にも、「今日は◯◯さん来てくれなかったから寂しかったよ!」などと、個別に事後報告してみましょう。そして、メールに返信をしてくれたお客様にもきちんと返信をしてあげましょう。

たくさんお客様(常連さん)を持っているチャットレディは、それだけメールを送るのに時間がかかります。しかし、個別にきちんと向き合っているチャットレディほど、チャットレディとして充実していることも確かです。いかにそれぞれのお客様に文字を通して「あなたのリアリティ」を伝えられるかが勝負です。コツコツやりとりをすることが物凄く大切なのです。